FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤文太郎記念図書館 - 2014.06.11 Wed

前回訪れた時、休館日だったので再度。
実家からだと1時間くらいと近いのです♪

海の町、浜坂をお昼時に通ったのでランチです。
何も考えずに、「ほたるづくし」って名前が可愛いな~と思って注文したらホタルイカづくしだった・・・・

あんまり得意じゃないので、目の前に置かれた瞬間固まってしまった(^^;
でも鮮度抜群!あのくさーい感じは全くなく美味しくいただけました。



にしてもホタルイカ多すぎ。。



加藤文太郎記念図書館へ!
今回はちゃんと開いてます(笑



2階に上がったら、加藤文太郎レリーフがお出迎え。



小さなスペースではあるんだけど、魅力満載☆

これこれ~~~!!これが見たかった。
登山手帳たち。

記録や山容や色々書かれています。
単独行・加藤文太郎の直筆・・・目にする機会があって嬉しい!

そして、驚いたのは新聞記事。
登頂や遭難についての切抜きが展示されていたけど
当時の取り上げ方がすごい。ヒーローみたい。

今だったらこんなことまずないでしょうね。



小説に登場してた山スキー道具たち。
この装備で厳冬期の北アルプスを歩いたのか~とびっくりします。

スキーの隣には愛用してたカメラも♪
実際に加藤文太郎が撮影した山の写真もたくさん展示されています。
単独だったので、登った証拠として撮っていたのではと解説にありました。

隣の部屋の山岳関連の本の充実ぶりにもびっくりです。

加藤文太郎をこんなに近くに感じられるこの場所。おススメです☆



最近、旦那さんがボルダリングに興味を示してくれました。

休日に一緒に山トレできて嬉しいな~





初心者2人でえっちらおっちら。。
なんとか頑張ってます(笑

スポンサーサイト

● COMMENT ●

加藤文太郎記念図書館 行ってみたいですね~! 昔の道具を見ると山道具買うときに細かいことを気にしてる自分が嫌になります。
俺も去年の滑落経験から最近ボルダリングに定期的に通うようになりました!
今は山に行く回数よりボルダリングに行く回数の方が多くなってます(笑)

やっすーさん

岐阜からだと遠いけど、いいとこですよー植村直巳冒険館と合わせてぜひ♪
昔の人の山道具を見ると、靴ずれに悩んでた軟弱な自分の足が恥ずかしい!!
ボルダリング、やっぱり始めちゃいますよね(笑
楽しいけど、ボルダリングに行き過ぎると山を歩く体力が落ちちゃうしでも通わないと登れないしバランスが難しいです。。
ロープワークも覚えて行ける山を増やしましょう☆

ゆーさん

へぇ~。
加藤文太郎って几帳面な方だったんですね。
スキーもまたすごいな。

私は大町山岳博物館で松濤明の遺書は見たことあります。
仲間を見捨てるに忍びず死ぬ覚悟をするところなんか、ヘタレの私には考えられません。

たしか加藤さんも松濤さんも、単独行の人が連れだって行って遭難してるんですよね。
うーん。
単独が得意な人は単独の方が強いんですね。

加藤文太郎記念館行ってみたいですねぇ

6月8日の大山はお会い出来ず残念でした。
山は予想通りの天候でしたが、みなさんの報告の通り結構楽しかったですよ。
私は前夜から現地入りして、夏山開き前夜祭を観光した後、野人さん等と合流して宴会したので大満喫でした。
やはり山仲間との酒は旨くて話も面白いです^^ 当日朝は睡魔と残った酒で厳しいスタートとなりましたが(笑)
大山エリアは金沢から遠くてなかなか行けませんが機会あれば宜しくお願いしますね。

加藤文太郎記念館は興味深いですねぇ
本人が書いた本は読んでませんが、加藤文太郎をモチーフにしたと言われる孤高の人(新田次郎著)は
寝る間も惜しんで一気に上下巻を読みました。
文太郎本人にも興味がありますので機会あれば訪れてみたいですね。
では

目目連さん

手帳を見ていたら色々と細かく書かれていました。
単独行の方ですし、入念に準備をされて山に行っていたのでしょうね~
風雪のビバークも有名ですね。
大町山岳博物館の前は通ったことがあるけど素通りしてしまいました。。次は入らねば!
厳しい山での単独行、どんな精神状態なんでしょう。未知の世界です~

週末山紀行さん

大山までの遠征、お疲れさまでした!
しまなみも楽しまれたようで♪私は片道2日かけてのサイクリングでした(^^;
皆さんがそれぞれ日記を書かれていたのを読ませていただきました。
天気が悪くても楽しいメンバーだと楽しい山行になりますね。次はぜひ快晴のときに!
孤高の人を読んで、加藤文太郎が初めて歩いた北アルプスが表銀座だったのを知り、同じだ~と喜ぶミーハーな私です(笑
孤高の人を読んで北鎌尾根を歩く気満々です。
記念図書館は小さな展示のみですが魅力満載、山好きなら1度は訪れたい場所ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/253-5d645848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

船上山クライミング(船上覗き側面・凹角、アクエリアス) «  | BLOG TOP |  » 蒜山三座往復+ボッカトレ

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。