topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏ヶ山(西ルンゼ&どぼんコース) - 2014.06.20 Fri

2014年6月19日(木)

木谷から東へ歩くと木谷源流へ合流。

雰囲気は少し妖精の谷に似てる。



烏ヶ山西ルンゼに着くと、思った以上に雪が残っている。
ピッケルがいたなぁと話ながらステップを刻みながら慎重に登っていく。

20140619-2.jpg

ここではサンカヨウがちょうど見頃。
今年は諦めてたのでラッキー!

20140619-03.jpg

西ルンゼ左手には大きな1枚岩のスラブが広がる。
アクセスがよければクライミングに良い岩場なのにな~と同行の方が言われてた。

20140619-4.jpg

雪渓終了点

まっすぐは正面に大きな岩があるので進めなかったので
一度左のブッシュ帯に登ってからスラブ帯に降りました。

20140619-5.jpg

右左、間違えないように。

この少し上のスラブだったかな
登りつつ支点を取るとこを探してるとバランスを崩し
数mお腹で滑り落ちる・・・・
幸いスタート地点の広い足場に着地したので何もなかったけど
スラブの止まらない滑り具合にびっくりした。

次は慎重に登りきりました(^^;

20140619-6.jpg

グローブ岩の下に到着!
グローブ岩手前に見えてる滝という大岩を登ってグローブ岩直下に行きます。

ここからが大変。
ここまでも大変だったけど(^^;

滝が一苦労。
クライミングシューズなら普通に登れそうだったけど
泥だらけの登山靴にザックに、安定しない岩。

登り始めた時に持った岩がボコッと剥れること数回。
持つとこはいっぱいあるんだけど、安全かどうかが微妙なのであまり力をかけないように慎重に登っていく。
ビレイはしてもらってたけど、支点の場所的に落ちたら下に転がり落ちることはないけど
怪我はするんだろうなぁとドキドキしながらよじ登る。

滝の岩の上はスラブの岩が少し続いていて
グローブ岩直下も土が緩いし太い枝も引っ張ったら抜けたりと安心できる木を見つけ支点を取るのにくたびれた。

20140619-7.jpg

ヨウカン岩?

20140619-8.jpg

そんなスリル満点を満喫しながらも
撮るものは忘れない(笑

グローブ岩横でグローブポーズ☆

微妙な場所だったけど、写真が撮りたい~~と伝え
ザックにしまったカメラを取り出し写真を撮らせてもらった(^^;

20140619-9.jpg

雪渓終了点から稜線まで6.5ピッチ

緊張感のある楽しい時間だった♪

20140619-10.jpg

上から烏谷を眺めると西ルンゼと同様まだだいぶ雪が残っている。
下山に使う予定だったけど、ピッケルアイゼンがないと危険なので諦めた。

20140619-11.jpg

烏ヶ山にて。
すっかり夏空な大山。

20140619-12.jpg

昼食を済ませたら、南峰コルから木谷源流へまっさかさま。。
どぼんコースというらしい。

若干目を疑う場所から急斜面に突入する同行の方にびっくりしながらも
ついてくしかない(笑
あー楽しい!!

20140619-13.jpg

どぼんコースを下る際の目印を教えてもらい、ひたすら藪漕ぎで下る。
指先のブナの木らしいが、次回自分で来たときに分かるかどうか・・・

20140619-14.jpg

登り降り、ひらすら腕を使う今回のルートに
腕がすっかり疲れて藪をかき分けることもせず、ひたすらぶつかりながら歩いてたら膝から下はアザだらけになっていた。
スカートはけない(ToT

下りと甘く見てたけど壮絶な藪漕ぎにくったくたになりながら木谷登山口へ到着。
思わず倒れこんだ。。。

20140619-15.jpg

歩きまくったと思ってた大山、まだまだ知らないルートがあるようです。
また楽しいルートを歩くことができました。

そして・・木谷源流から西ルンゼの虫地獄といったら気が狂いそうだった。
息をするのを躊躇うくらいの虫。
見渡す限りの空間全部に虫が飛んでる(ToT

私は虫よけネットをかぶってたけど、何もかぶってない同行の方は苦しそうだった。
数十年大山を歩いてるけど、こんな大量の虫に遭遇したのは初めてなんだとか。



危険なバリエーション、歩く方がいるかどうかは分かりませんが見かけたら回収お願いします(^^;

途中のスラブの岩場でカメラのフードを落とし・・・
滝の大岩を登ってる最中に飲み物のボトルを落とし(下にいた同行の方が拾いに行ってくれた)
グローブ岩から稜線に出るまでの間に首に巻いてた青いタオルを落とし・・・

ビレイしようとATCをハーネスから外した瞬間ATCを落とし
支点を取ろうとした時にカラビナを落とし

落としまくりだった。
ATCとカラビナは運よく足元で止まり回収できた。
いつかこうやって私は遭難するのか・・と思った。落とさない技術も早いとこ習得しなければ。。

何より水分。。
烏山頂で水を飲んでるとボトルに黒い物体。。。。。
虫が入ってるのでまだほとんど飲んでなかったけど捨てた。
もう1本あるしとザックの横ポケットに入れてたら下山途中にどこかに落としてました。

ハイドレーションがイイのかなとも思ったけど
あの藪だとハイドレーションのホースが引っかかって大変なことになりそう。
やはりザックの中にしまっておくのが1番なのかな。

木谷源流に到着した時には、喉が渇いて仕方なく
初めて沢の水で顔を洗い、さすがに飲めなかったけど潤いが欲しくてうがいをした。

実践しないと覚えない、と同行の方に言われたけど
色々緊張感がありすぎてとても記憶に残る山行になった。

とにかく落とさない(ToT
スポンサーサイト

● COMMENT ●

かなりハードなルートお疲れさまでした!
最近のゆーさんの山行見てるとかなり危機管理能力がアップしてるんじゃないかと!
今回はちょっと落し物は多かったですが(笑)
でもルートによってどういう装備(パッキング)で登ったらいいかも学ぶきっかけになったんじゃないでしょうか!
経験が1番の財産ですね。

やっすーさん

いや~落し物だらけで困りました。。
ハーネスにつけたロープが重くて下からひっぱられてるようで登るのが疲れました!
危機管理能力アップ!??来月末お見せしますよ(笑
良い経験ができた1日でした♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/256-10bae61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猛烈藪漕ぎ・安蔵森林公園~高山(予定はゴーロ)~安蔵林道 «  | BLOG TOP |  » 窓ヶ山クライミング(ハヤブサ岩・第二スラブ正面)

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。