topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折立~薬師~雲ノ平~高天原温泉~温泉沢~水晶~鷲羽~三俣蓮華~黒部五郎~北ノ俣~折立④ - 2014.08.08 Fri

2014年7月31日(木) 4日目/5日間

さてさてー本日の予定では
三俣山荘名物のケーキを食べながらのんびり、行けたら黒部の源流にも下りちゃおう☆

と、小屋の外を見るとガスってる。。。。
天気予報では15時くらいから天気が崩れるよう。

う~~~ん。。。。

水晶小屋(5:35)→(6:49)鷲羽岳(6:56)→(8:51)三俣蓮華岳(8:58)→(9:56)黒部五郎小舎(10:30)→(12:40)黒部五郎岳(12:55)→北ノ俣岳(15:53)→(17:25)太郎平小屋

※今回の全体ルート(青)、4日目ルート(ピンク)


ずっとテント泊だったやっすーさんだけど、水晶小屋はテント場がないので小屋泊まり。
ぎゅーぎゅーの夜を過ごしたやっすーさんが一言。

「もう小屋泊はしません!」

そりゃそうだ(笑
こんなぎゅーぎゅーなら私もテントにしたい(笑

この朝食の魚が曲者で、私達の席のおばちゃんが食べれない~というと
やっすーさんが、残すなんて!と他の人の残り物を平らげていた(^^
いや~さすがだね!やわい米は食べれないけど(笑

20140731-2.jpg

小屋を出た時はガスって真っ白。
全日快晴なんて・・こんな日もあるよね~と歩いていると・・・

20140731-3.jpg

比較的楽に到着できた鷲羽岳。
ぼーっとしてると、周りの人から「ブロッケン見えてるよ!!」と教えてもらう。

うわ~~~い!初めてのブロッケン現象♪

20140731-4.jpg

そんなこんなしてると、ガスが一気に引き、真っ青なお空が♪
また快晴だ(笑

私達、どれだけ晴れ女&男なの~~(笑

20140731-5.jpg

槍ヶ岳に繋がる西鎌尾根が綺麗に見えてますね~
もう絶景!暑くてもいい!!絶景みたいからどんどん晴れちゃって~♪

20140731-6.jpg

次の目的地、三俣蓮華岳方面もスッキリ。

20140731-7.jpg

しかし、前日までのダメージで黒部の源流なんて往復できない~ムリ~三俣でケーキ食べたい~となり
「ゆーさん、黒部の源流はあそこですよ~~ここから眺めるだけで我慢してください!」

と黒部の源流往復は却下される、まぁ私も往復するだけの気力はもうない!ケーキ食べたい。
黒部の源流はいつか沢から攻めます(^^

20140731-8.jpg

とまぁ、三俣山荘でケーキでもという話だったけど
天気が崩れるみたいだし、先を急ごうと三俣山荘では少し休憩するだけにして素通りした(ToT

ケーキはまたいつかね。

鷲羽岳と三俣山荘を振り返る、いやーホント絶景だわ。。

20140731-9.jpg

もうクタクタの凛さん(^^
私達が写真を撮ってると、「先に登ってるね・・・・・」(ぐったり)

といってんさん方式を取ってた(笑
※皆よりペースが遅い人が、皆が休憩している間も黙々とゆっくり歩く方式(笑

高所で息苦しいらしく、少し歩くと息が上がってしんどいらしい。
初日からずっとしんどそうだったけど、頑張ってもらうしかない!

20140731-10.jpg

さて、三俣蓮華岳です。

長野県、岐阜県、富山県の3県の境の山なのです!
山頂を踏まない巻き道もあるんだけど、山頂を踏まないなんて!!

しっかり3県の境界線に立たせていただきました♪

巻き道を歩いた方は、道じゃなかった~怖かった~~と言われていました。
ここの巻き道は小屋のルート情報でも△印がつけられてかな。今年は雪が多くて色々大変らしい。

20140731-11.jpg

そして今回の山行のミッション!
大山ゲストハウス寿庵のオーナーさんにこの山域に行くといったら
黒部五郎小舎に山小屋同期がいるから手紙をお願い~と頼まれたのでメッセンジャーしちゃいます♪

かれこれ10数年前(笑
鏡平小屋で一緒に働いてたらしい。今は黒部五郎小舎で働いてるみたい。

あ、ちなみに三俣から黒部五郎小舎までの下りは気が遠くなるほど下ります(笑

20140731-12.jpg

「ごめちゃん」という女性、とだけ聞いてどんな人だろ~と思い受け付けで
ごめちゃん、いますか?と聞いたら美人さんが出てきました(^^

預かった手紙を渡すとわざわざ表まで出てきてくれて色々お話してくれました~
温和な美人さんだけど、フライフィッシング?というのが好きらしく
北アルプスの沢をテントを担いでフライフィッシングを楽しみながら渡り歩いてるみたいです、すごい。。

私は釣りの事は全く知らないので、フライフィッシングとは・・?から(^^;

北アルプスの美魔女と呼ばれてるとか(笑
後で寿庵オーナーさんから年齢を聞いたら・・見た目からは想像できない年でした/(_△_)ヽ
凛さんと同い年。凛さんも若いけど、ごめちゃんも相当です。。
山で出会う女性は実年齢さっぱり?な方がほんと多いです♪
私もそうなりたい~~(笑

20140731-13.jpg

黒部五郎小舎に泊まるつもりだったけど、夕方から翌日にかけて雨予報。
雨の中、ここからのロングコースを歩くのはちょっとだるい、そのまま下山だから帰りのこともあるし。

やっすーさんより、頑張って太郎まで歩いちゃいますか?どうします??
との提案があり、どうせなら折立まで歩いちゃおう(バカ

ってことで、とりあえず太郎を目指すことにする。

この決断はなかなかできず。。だって太郎までの長いルート中、水場も小屋も何もない
何より、ここに来るまでにだいぶ体力を消耗してる。
もし途中で歩けなくなったら・・と思うと、なかなか決断ができなかったけどまだ10時過ぎ。

標準タイム+今の自分達の体力を考えると太郎まで6、7時間はかかる。

やっすーさんはまぁ心配することない(笑

私はゆっくりなら歩ききれるかなって感じ。

凛さんはしんどそうだけど
小屋でうどん食べてエネルギー補給したら行ける!とのことだったので

行くぞ~~!!!と気合のない掛け声で出発する(笑

目の前に見えてる山、黒部五郎岳。あそこまで標準タイムで2時間半、ながっ(笑
もう笑うしかない。。とりあえず足を進めるも既に重い、、大丈夫か私!??

20140731-14.jpg

カールはなだらかと思いきや・・しんどいのなんのって(ToT
なんどカールに流れる水に入水しようかと思ったことか。

後ろからやっすープレッシャーもあるし(笑

それでもカールの景色はほんと綺麗で綺麗で・・・でも疲れは取れない(^^;

そしてカールが終われば・・・黒部五郎岳の肩に登る急登が待っている。
これがやばい!疲れた体にほんと堪える急登だった。

私は疲れてる凛さんをサポートする気力もなく、やっすーさんに任せ黙々と登ることにする。

後ろから、
「牛歩より遅いんじゃないですか!??」
「肩まであと・・1・・・・・4フンバリ!!!」
「あ~~上見ちゃダメです、前じゃなくて今まで歩いてきた道を振り返って自分を褒めましょう!」

くじけそうな?くじけてた?凛さんに対して相当な励ましぶりが聞こえてきた(ToT
良い先生になれるよ、やっすーさん(笑

20140731-16.jpg

肩まで登りきると、やったーー!!!って大興奮だった。

普段の私だったら考えられんけど
ほんの10分ほどで行ける山頂を諦めようとするくらいの疲労ぶり。

私はほんとしんどくて、もう五郎の山頂はいいやー置いてってーって思ってたけど
そんな雰囲気でもなく、少し休憩したら笑顔で山頂に行きましょうか!と言われ向かうことに。

肩に向かうあの地獄のライン・・忘れられない~~(ToT
よく頑張った!

20140731-17.jpg

もー山頂はいつも晴れ!
お決まりポーズで記念撮影。

この後なが~~い道が待ってるのでゆっくりもしてられない。。。
ささっと山頂を後にする。

20140731-18.jpg

水晶から見えてた太郎までの稜線はなだらかで歩きやすそうだったのに
実際歩くとそんなことは全くなく結構アップダウンが続き、またもや失速。。

赤木岳の手前で赤木沢から上がってきたグループに遭遇する。
有名なガイドさんで、映画・岳で主演俳優さんに登山の技術指導をしていたポスターに名前も載ってる方でした♪

でも引率してる生徒さん達は私達に負けず劣らずのクタクタぶり(笑

自分達よりもクタクタな人がいる~~♪と思うと何故か頑張れる(笑
ドングリの背くらべ!?クタクタ同士のヘロヘロ道中が始まる(笑

20140731-19.jpg

そんなとき!!!
クエークエー・・・っと鳴き声がすると思ったら、今回の山行初の雷鳥が♪

親子で可愛い~~~☆
さすがに疲れが吹き飛んじゃいますね!

20140731-20.jpg

20140731-21.jpg

疲れが吹き飛んだのは気のせいだった(笑

北ノ俣岳への登りを見て愕然とする。。ながい・・・・・・
鷲羽岳、三俣蓮華岳、黒部五郎岳と登ってきて、最後のひとふんばり~~~!!!

で、着いた・・・・もう登れない。。。

20140731-22.jpg

ここまで来たらもうなだらかな道のはずなんだけど
今度はガレた道になり歩きにくい、時々出現する木道がほんとありがたかった~

下りれたら折立まで・・なんて気持ちは既にどこかへ吹き飛び
太郎に着いたら寝転がろう・・コーラ飲もう・・お腹ペコペコ~~~(ToT

とげんなりした気持ちで歩いてたら今度は雷鳥の雄が出てきた!

雄は子供を連れてないせいか、のんびりマイペース。
私達を先導するように、前をひょこひょこ歩いていく♪

元気もらったわ~とまた足を進めるも30秒位したらまた疲労が・・・(笑
ほんともうだめだわ(笑

20140731-23.jpg

動画でも♪



太郎の手前になるとガスが出てきて遠くで雷の音が聞こえる。
そろそろやばいね~ってとこで太郎の小屋に到着。

本日の行動時間は12時間ほど、3日かけて半周歩いたのに
1日で半周歩いてしまった、ほんとよく頑張った。。

こんな時間に到着してごめんなさい~~と思いながら込み具合を聞くと
この日はありがたいことに1枚の布団に1人(^^♪

やっすーさんは薬師峠のキャンプ場にてテント泊。
もう小屋には泊まらんらしいですからね(笑

夕食の時間にも間に合い、食べていたら雨が降り出した。
赤木沢から登ってきた人たちも少しは雨に降られたけど、なんとか小屋に到着されていた。

やっすーさんも雨が降る前にテントを設営できてたようで何より。

20140731-24.jpg

水晶からよく頑張ったね~なんて話してると
隣で食事をしていたおじさんにどんなルート??と話しかけられ、結局談話室でも一緒に山の話で盛り上がった。

話が長くなり時計を見るといい時間。
部屋(屋根裏?)に行くと既に真っ暗で何も見えない・・・

布団に戻ると、ちょうど天窓の下で空が良く見えたけど
寝ようと思うと雨が降り出し、音がうるさくて寝にくいな~~と思ったけど
疲れてたから速攻寝れました。

夜中に目が覚めて窓の外を見ると、雨も上がり満天の星空が広がっていた。
この場所でラッキーだな~と思いながら星空を眺めていたらいつのまにかまた寝ていた。

5日目に続く。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

どうも~先生に転職しようか考え中のやっすーです(笑)
ついに来ましたね4日目(笑) 
ほんと今でも3人ともよくこの行程歩き通せれたなと感心しちゃいますi-229
さすがに雲の多い日でしたがそれでも山頂着くころやここぞでは不思議と晴れてくる...今回は3人の晴れパワーものすごかったですねi-278i-234
いつか源流&三俣山荘でまったりケーキの夢叶えましょうね(笑)
行程は辛かったですがいい思い出もたくさんの濃厚な1日でしたi-185

やっすーさん

いや~凛さん励まし中は名言出まくりでしたね~スラ○ダンク!??
ほんとよく歩きました!
折立行くって言ってた割には、カールの辺で足が重い~やばい~しんどい~ムリかも~~、で頭がいっぱいでした(^^;
北ノ俣岳の大きさには心が折れそうでしたし(笑
無事に歩けて今となってはいい思い出!源流にケーキにやり残したことは老後かな(笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/265-a34688e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

折立~薬師~雲ノ平~高天原温泉~温泉沢~水晶~鷲羽~三俣蓮華~黒部五郎~北ノ俣~折立⑤ «  | BLOG TOP |  » 折立~薬師~雲ノ平~高天原温泉~温泉沢~水晶~鷲羽~三俣蓮華~黒部五郎~北ノ俣~折立③

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。