FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯耆大山(8合尾根) - 2015.01.22 Thu

2015年1月20日(火)

天気予報でこの週この日だけが天気が良さそうだったので計画したのに前日に雨マークになってしまった。
ぎりぎり北壁かな・・と言われた8合尾根へ行ってきます。

大山に着くとそこまで悪くはない天気。
元谷から北壁の下の方は見えている。
このまま!と思いながら8合尾根の取付きへ向かう。

途中、6合小屋に向かうというスキーヤーに追い抜かれた。
自分もスキーだったら・・・とワカンを忘れツボ足で苦戦する同行者さん。
「人の後ろを歩くなんて惨めだ」などとぼやいていた。
私もそんな発言してみたい。まぁ一生来ないかな(笑

取り付き手前で軽く弱層チェックをすると
あられ雪の上に新雪が10cmほど。上の層がさーっと音もなく滑り落ちていく。
これは雪崩講習会で危ないと言われたやつじゃないか。。
もうこれは撤退だ、今日は終りだと思いつつ後ろを振り返り
雪崩がこわい〜〜と伝えると取り付きに向かってる尾根に登ろうということになった。
これが悲劇の1ピッチの第一歩になるとは。。。



取り付き手前でガスって視界がなくなる。
モミジみたいな動物の足跡(なんだろう?)を辿り取り付きへ到着。

登れるか分からないけど、正面から行こうとなった。。。
(普通は左右のどちらからか行くみたい)

視界がなくなる前に雪が上につながっているのは見えた。
が・・えらい急に見えてあれはないなと心で思っていたとこを登ることになった。

厳しかった。
下の方の壁に雪が薄く付いている箇所で私がどうにもこうにも登れず。。
足場の雪も脆く強く踏めばばさーっと落ちる(ToT
雪が落ちた泥?岩壁が見えてアイゼンもピッケルもささらない〜〜
(私の使い方が悪いんでしょうが・・)

どうにか雪が多めのところを探し無理やりよじ登る。
尾根に出るまでの1ピッチ、2時間が過ぎていた。
確保してた方は寒くて震えたようで・・すみません。

もう10回くらいは心の中で、もういい私には登れない帰ろう!と叫んでた。
登れてよかった〜〜

写真は尾根まであとちょっとのとこ。
最後のとこが急で雪がもろく登れず巻いた。

この1ピッチで体力のほとんどを使ってしまった。
尾根に取り付いただけなのに、この先どうするんだ私。。。

ここが今回の核心だった。

20150120-02.jpg

尾根をしばらく歩くとガスってた視界が一気に晴れた。
8合尾根を登ってるはずだけど、なんかいつもと違う。
(もっと平坦なイメージがあるようだった)
ほんとに8合尾根だろうかと話していたとこだったので
右に夏道、左に別山が見え間違ってないのが分かり安心した。

ふと、6合に目を向けるとなんか知ってる人影。
ほんとは3人の予定だったが寝坊で不参加になった1人が夏道を登ってこちらを眺めていた。

寝坊したことになんとも言えない気持ちになっていたけど
姿が見えすごい元気がでた。またすぐにガスで視界がなくなる。
すごいタイミングだった。

ちなみにその一瞬で見えた別山。
人が2人写ってるけど分かるかな〜

20150120-03.jpg

話に聞いてた細尾根も風もなく雪がよくついていて普通に歩けた。

20150120-04.jpg

巻こうと言っていた8合尾根の核心と言われる岩の小ピーク。
どこからトラバースするんだろうかと後ろをついていくと
これなら行ける、支点は取るとこないから一歩一歩確実にね!と言われる。

20150120-05.jpg

雪がうっすらついた岩場。
あぶない〜こわい〜むりむり、確保してください〜と泣き言。。
フォローしてもらいながらなんとか登る。
別山はこんなもんんじゃないよって。
はい、ごめんなさい。。こんな程度で別山に行きたいなんて・・言いません、しばらくは・・(ToT

そういえばここですごい喉が渇いて目の前にある雪をパクッと食べた。
少し潤った(笑

20150120-06.jpg

核心の岩場を越えたらあとは怖いとこはない、テクテクと・・・
同行者さんにラッセルをしていただく。。
1ピッチ目でくたくた過ぎてトレースを辿ってなんとか歩くことしかできませんでした。
ほんとごめんなさい。

終了点のはずなのに視界がないので分からない。
あとちょっとのはずなのに、つかない。しんどいと思っていたら前方に何かが見える。

なになに??と思うと
寝坊した方が8合尾根の終了点でツェルトをかぶって待っていてくれた。
姿が見えてから数時間、相当反省してるようだ(笑

すごいしんどかったのに一気に元気がでた。
彼女のとこまであとちょっと、これがまた遠い。
最後くらいはラッセルしんさいとのことで、残り数mだけラッセルした(^^;
こんなしんどいことをずっとしてくれてたのかと感謝でいっぱいだった。

20150120-09.jpg

やったよ〜大山ポーズで記念撮影。撮影係はもちろん・・(笑
別山よりしんどかったとか。ほぼ私のせいでしょう。ごめんなさい〜

20150120-07.jpg

あとは登山者に踏み固められガチガチの膝に悪い夏道を下っていく。
寝坊した彼女はほんと相当反省しているようで
5合の祠に向かい五体投地をしていた。
朝のもやもやした気持ちはどこかへいった。
もう心の中では大笑い〜

帰りは夕日に照らされた雪がオレンジに染まっていた。

20150120-08.jpg

いかに楽に8合尾根を登るかを考えてた。
しかし・・そんな気持ちを見透かされたのか1番?厳しいルートに誘導され
えらい厳しい8合尾根になってしまった。
たいしたトレーニングもせずにどこもかしこも行きたい行きたい。
北壁舐めちゃだめだよ、と言われた気分になりました。
あ〜でも、色々含めてすごい楽しかった!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

最後,トップを交代したのは夏道でツェルト被って我々を待っていてくれたYsとの感動の対面を最初にしてほしかったのと,貴女の頑張りへの敬意です。

尾根上のラッセルはきつくはありませんでした。ただ視界を消すガスは,自分を不安にさせる何とも言えない演出でした。

YCC_teraさん

私はTとYsの感動の?再会を後ろで眺めたかったです。同じこと考えてましたね。
私の頑張りなんて・・・私を無事に下山させてくれる周りの方々の頑張りの方が数段も上です。
どんなとこでもTが居るだけですごい安心感。
いつもながらありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/295-3e45a5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷ノ山(三ノ丸〜山頂〜わさび谷) «  | BLOG TOP |  » 伯耆大山(船上山でお散歩)

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。