FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西穂ピラミッドピーク - 2015.03.28 Sat

2015年3月25,26日(水,木)

初めての雪の北アルプス。
大山より高い雪山に登るのは初めてでどんな世界が待ってるんだろうとドキドキ

新穂高ロープウェイより途中まで上がる。



まずは観光客用の雪の回廊を通って登山道に合流。

20150325-03.jpg

あの槍みたいなとんがりはなんだろうね〜と話してたら槍ヶ岳だった
いってくるヤリ〜

20150325-02.jpg

今回は登山ではなく「山旅」
最近のややこしい言葉ランキング第1位だ。
計画と装備,気持ちに矛盾が生じる怪しい言葉。

冬季唯一営業している西穂山荘へ到着。

20150325-04.jpg

すっかり元気をなくした西穂くんの前でお遊び写真。

20150325-005.jpg

テーマは女王様と下僕だったか・・

20150325-27.jpg

初日は山荘までが目的だったので
一昨日降った雪で西穂山頂までのルートがどうなってるか翌日に向け丸山まで偵察。

山荘に着くとガスった景色も
丸山にいくとご褒美のようにガスの切れ間から笠ヶ岳がチラリ

心配してたルートは積もった雪は大体風で飛ばされラッセルはほぼなさそうで一安心。
(前日は強風でロープウェイが運休,山頂まで行く人はいなかったらしい)

20150325-06.jpg

待ち望んでいた春はもうすぐそこ。

話題は尽きず・・
しまいには,愛について山屋3人で語ったりとほんと笑える夜だった(笑

夜は途中目が覚めたので外に出たら雲も風もなくものすごい星空で
寒かったけどしばらく見惚れてしまった。

20150325-07.jpg

寝直し4時半起床の準備して5時出発。
6時前が日の出だったけど,出発時には空が少しづつ明るくなってきていた。

トレースのない西穂山頂までの緊張の稜線。
どのパーティーが先頭を行くのか山荘で準備しながらお互いが動向を伺っている雰囲気(のように思えた)

Tさんが噂の恐怖の文登研の研修に参加した際にお世話になったという国際ガイドの方がおられ
ちゃちゃっと準備をされ生徒さんと2人で出発された。
私たちは2番手だ。まずは独標を目指す。

20150325-08.jpg

足跡は見たけど雷鳥の姿は見なかった。

20150325-09.jpg

富士山に北岳。

20150325-10.jpg

笠ヶ岳。

20150325-11.jpg

振り返れば朝日に照らされた美しい景色。

20150325-12.jpg

独標手前までは普通の道のり。
手前でピッケルに持ち替えてたら,先を歩いてた2人が独標に取り付きどんどん登っていき
置いてかないで〜〜と焦って追いかける

西穂独標。
雲一つないどこまでもくっきり見える最高の天気だ。

20150325-013.jpg

独標から先は上級ルート。
しかるべき装備とベテラン経験者と行くようにと山荘から警告が出ていた。
実際トレースがあるからと気軽に進んでしまった登山者が救助要請もしばしばらしい。

私は行く気満々だけど,一応山旅。
山旅なんだから独標まででいいのでは?との意見もあったけど
山荘ので言うと「ベテラン経験者」Tさんの
なにそれ(笑)な説得で説得されたYさんも一緒に進む結論になる。
後ろから追いついた単独の方もこの条件でここにいて行こうともせず諦めるなんてもったいない!
気持ちで負けてる頑張ってください!
みたいな励まし?をして去っていった

20150325-14.jpg

ガイドさんがいる場所は写真ではいまいち分からないけど
実際に見ると急な雪壁であれを超えるのは無理でしょ・・と山頂を諦めかけた場所。

20150325-15.jpg

それでも行けるとこまで。
独標から1つ先のピークをTさんが下ってるとこ。
ここは怖くてロープを出してもらったが,最後下り終えたTさんより
こんなとこフリーで下れないでどうするの!と言われてしまった。

フリーでも下れたんだろうけど,もしものことを考えたら身がすくむ・・
気持ちの問題なんかな情けない〜〜

20150325-17.jpg

さてまだ進みますよ。
パッと見た感じどこ歩くの?

20150325-016.jpg

遠くから眺めて無理だと思った雪壁。
ガイドさんがラッセルしてくれてたのでなんとか登れてしまった。

20150325-18.jpg

ピラミッドピーク到着!
ここで小休憩。目の前に見えるあそこが山頂か〜と
これから歩くだろう稜線をドキドキしながら眺めて振り返ると
いつのまにやら引き返す話になっていた

もともと体調が悪い方がおられるので登山でなく山旅。
体調を見ながら行けるとこまで,という話でピラミッドピークまで来たけど
体調に少し変化があったようで無理は良くないのでここを最終地点とした。

20150325-019.jpg

私の中ではすっかりお笑いコンビの同級生お2人。
微妙な励ましに途中からの地味な嫌がらせにほんと仲良しだな笑える(笑



西穂から奥穂。
無雪期にはぜひ歩いてみたい。

20150325-21.jpg

独標到着。

20150325-022.jpg

振り返ると西穂山頂に人が立っている。
いつか私も自分の力であそこに立ちたい。

20150325-23.jpg

独標で絶景を楽しみ下ろうとすると・・・

ちょっと頼りなさそうなガイドさんのパーティー。
見てる方がハラハラ。

上からTさんが無言のプレッシャー
背中から「ちっ!!」って音が聞こえてきそうだった(笑

この状態が2,30分くらいは続いた?寒くて震えた

20150325-24.jpg

岩場が終わるまでは気が抜けない。

20150325-25.jpg

奥に見えるのは噴火のあった御岳山。
あんなに悲しい災害があったとは思えない美しい山容だ。

20150325-26.jpg

山頂こそ踏めなかったけど,最高の条件の中西穂を歩くことができた。
山旅で考えたら十分すぎる内容。
こんな最高の日にこのメンバーでこの山を共有できたのは嬉しい

秋の九重,冬の西穂に春はどこに行きましょうね

スポンサーサイト

● COMMENT ●

すばらしい絶景ですねi-189i-259i-189
こんなのを見ちゃったら最後雪山の虜になっちゃうんでしょうねi-175
ということで俺は見ないことにしときます(笑)
この内容で「山旅」なら俺がやってるのは「山散歩」くらいですi-229

やっすーさん

西穂の初山頂は雪のあるときに踏んでやる〜〜と思ってますe-446
道中、やっすーさんが住んでる街並みを見ましたよ。岐阜城もしっかり見えました。
西穂を山旅にしてしまうTさん、いつもついてくのに必死ですe-266


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/307-8aa385ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湯原クライミング «  | BLOG TOP |  » ぶらり旅(中井窯・霊石山・大山)

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。