topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッターホルン・ヘルンリ稜 - 2016.08.20 Sat

2016年8月8日(月)〜17日(水)

真面目に書いた山行記録は所属の山岳会ブログにて  コチラ

海外登山は初めてでドキドキしたけど
スイスに来たもの初めて

マッターホルンに登る事が1番の目的だったけど
ツェルマットをお散歩しているとマッターホルン以外にも誘惑がいっぱい

まーほぼグルメ(笑)

成田からチューリッヒまで12時間ちょっとか。
何度か食事が出たけど可愛かった

ディナー

20160821164246d39.jpg

おやつ

2016082116424809c.jpg

朝食

20160821164249c7b.jpg

おやつ

2016082116425125f.jpg

スイスの上空辺り。
遠くに山が見えてワクワクする

20160821164253d7b.jpg

ブライトホルンに高度順応するために
3883mの「マッターホルン・グレイシャー・パラダイス展望台」にゴンドラで一気に登る。

展望台に登るまで何度か乗り換えがあるけど,とにかくスキー客が多い!

長身のものすごい美女がいるなー海外ってすごいなーと思っていると
モデルさんだったらしく,展望台に到着すると撮影準備をしていた。

マムートのものがいっぱい。
イスにはカラビナ。壁にはボルト。

201608211643444e4.jpg

おみやげに,美味しそうなケーキ

この日はホワイトアウトだった。
「マッターホルンなんてもーええわーどこから見たっていっしょやわー!」
オオサカのおばちゃんはスイスでもオオサカのおばちゃんだった

20160821164345370.jpg

ブライトホルンでの行動食。
海外に行くと行動食まで変わってしまう(笑)

パンをカットしチーズを乗せて座りながらのんびり食べてみた。
もちろん雪の上。お尻は冷たい

20160821164347e90.jpg

ツェルマットに下りて川を見ると白い。
氷河か溶けた水らしい。

20160821164348b43.jpg

スイスと言えば・・・チーズフォンデュ

「ツェルマット チーズフォンデュ 美味しい」
とスマホで調べてみると大体ここがでてきた。

Restaurant Whymper-Stube

味は言うまでもない

付け合わせのピクルスも美味しい。
ソーセージも頼んだが,お腹いっぱいすぎた。

20160821164350726.jpg

初めはオープンテラスに座っていたが
あまりの寒さに店の中に入れてもらった。。。
初日は半袖でOKな猛暑だったのに,2日目は極寒。
半袖→ダウン,ツェルマット,,気温差半端ない。。

初めて見るエーデルワイスはすごく可愛かった。

クライミングバカのN川は
「エーデルワイスって花だったんだ〜」
とただのロープメーカーの名前だと思ってたらしい

20160821164633754.jpg

ホテルの近所にあったジェラード屋さん。
寒いからと避けていたが,何度見ても美味しそうでやっぱり買ってしまった。
スイスはなに食べても美味しい。

2016082116463444c.jpg

日本語しか話せない私たち2人のオアシス

モンベル ツェルマット店。

日本人店員さん多数。

20160821164635273.jpg

スイスは物価が高い。
1度,外食したら驚きの請求額(でもついつい食べちゃう美味しさ

ツェルマット駅前のCOOP。
外食よりは安い。
が,初めて見る海外の食品や,壁一面に並ぶチーズやハムの種類に迷いに迷い・・・
結局何を買えばいいのか分からず勘で買う!

訳も分からず買ったチーズはとても美味しかった。

20160821164637085.jpg

ヘルンリ小屋に向かうためにゴンドラに乗る。
このゴンドラがよく止まる。

止まるとブランコのように揺れまくる。
初めはこの揺れに何度も酔って吐きそうで大変だった。

左奥に見えるのがツェルマット。

20160821164638715.jpg

ヘルンリ小屋が小さく見える。
ゴンドラを降りてから2〜3時間ほどのトレッキング。
とても気持ちのいい道なんだけど標高のせいか?地味にしんどい。

201608211647238f4.jpg

去年リニューアルされたばかりのヘルンリ小屋。
山小屋とは思えない,すごく綺麗な小屋。
20160821164724e6e.jpg

4人部屋。
綺麗だし荷物を置く棚もありとても快適だった。

2016082116472586a.jpg

食堂からマッターホルン。

201608211647264f2.jpg

ランチメニューは終わっていたのでスープと紅茶だけ注文。
ケーキはツェルマットで買って持ってきた。(だから荷物が重かった・・)

20160821164728604.jpg

下調べに取り付き1ピッチ登って部屋に戻るとロシア人2人がいた。
棚に目をやると,私たちと全く同じロープ。長さは40mだったが。
これに悩まされた(笑)
いま思うと笑い事だが,
あの過酷な環境でロープが絡まった時はもう生きて下りれないと泣きそうだった。

20160821164813bc1.jpg

さすがヨーロッパ。
山小屋のディナーもきちんとスープ,メイン,デザートの順に出てきた。
味も美味しい。

201608211648143e6.jpg

20160821164815631.jpg

20160821164817c02.jpg

さて,1回目アタック撤退に終わりボロボロで下山。
お腹が空きすぎてヘルンリ小屋のランチが始まる時間まで待って注文。
左のはチーズだ。どこまでおしゃれなんだ。。

食べていると小屋のガイドの子供2人がお母さんに連れられて登ってきた。
アンザイレンで(笑)
幼稚園くらいに思えたが,さすが英才教育

20160821164819e1e.jpg

N川の心の折れっぷりが半端なく,今回の遠征ではもう2度とマッターホルンには登れないと諦め
山頂で広げるはずだった寿庵の手ぬぐいを下山途中に広げて記念撮影

まーこれは幻の1枚となる(笑)

201608211648546d5.jpg

ゴンドラ乗り場までの景色。
綺麗だが疲労が激しくいくら歩いてもつかない

201608211648553bd.jpg

完敗だわーと思いながら。。

2016082116485556f.jpg

やっとゴンドラに乗れて一安心。
もう下から眺めるだけの山になってしまった。(と思ってた)

201608211648579fd.jpg

ホテルバーンホフ

小西政継がマッターホルン北壁を登った際に利用したホテル。
小説の中では山男が使うさびれたイメージのホテルだったが,今ではすっかりおしゃれホテル

20160821164859ea7.jpg

ラム肉が食べたいというN川のために
予約なしでは入れないというラムステーキが有名なお店に飛び込みで行ってみると運良く1席だけ空いていた。

やけ酒だー!
地ビールをいただく。

20160821165010597.jpg

とても言えない値段だったけど
めちゃくちゃ美味しかったラムステーキ

20160821165011484.jpg

さて,次は店を変えてツェルマットビール。
癖のない飲みやすいビール。
手前のグラスの泡の多さは苛立ちの表れか(笑)

20160821165012408.jpg

とっても美味しかったんだけど
ラムステーキの後ではお腹がいっぱいで完食はできなかった

20160821165014217.jpg

さて,ラムステーキとビールで回復したN川は
再度マッターホルンへ登る決意ができたようだ。

あーよかった

ということで,またヘルンリ小屋のディナー(笑)

20160821165015030.jpg

2016082116510053b.jpg

マッターホルン登頂

20160821165101aa7.jpg

私たち良くやった!
美味しいもの食べよう!(こればっかり)

と,フォンデュシノワ
日本でいうしゃぶしゃぶ。

20160821165103e49.jpg

屋台のソーセージ。

2016082116510543c.jpg

茶色と白のソーセージがあるけど
ガイド本には茶色はどこでも食べれるからぜひ白を!とあった。
もちろん美味しい(笑)

20160821165121fdc.jpg

帰りの空港にて。
あーやっぱりお米が落ち着く

20160821165123941.jpg

グルメ紀行ブログになってしまった
スポンサーサイト

● COMMENT ●

夏の遠征は

ついに日本を飛び出してしまいましたね!夢を実現させてしまう行動力と、人を引き付けてしまう人間力が素晴らしいです!高鉢槍でチョコプリンにふて腐れた顔してた頃が嘘みたいですね(笑)山行記録も読みました!次は何する?っていう期待と、ハラハラするような心配とで親戚のおじさんみたいな変な気持ちです(苦笑)

ヒロjrさん

どこだったかの馬の背が登れず潰れた蛙のような姿の私を押し上げてくれたもの懐かしい思い出ですe-278
貪欲なもので,,これからもハラハラしながら見ていてください。
初めての遠征でヒロさんが「山を舐めてたら死ぬよ!」と怒ってくれたのが山を真剣に考えるようになったきっかけです。
いつでも計画を考えるときはその言葉を思い出し,ちゃんとしよっ!って頑張ってますよe-454


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nobomogu.blog81.fc2.com/tb.php/358-6b0a89a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫山でネコヤマヒゴタイ «  | BLOG TOP |  » 富士山(吉田口)

プロフィール

ゆー

Author:ゆー
山登り、ダイビング。。。自然の中をうろうろするのが好きみたいです。でも体力はありません。
写真も好き。
ステキな景色があるから撮りたくなる。
最近は主に山です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

山 (228)
鳥取・大山 (77)
鳥取・以外 (14)
広島 (73)
島根 (23)
山口 (3)
四国 (3)
岡山 (10)
京都 (1)
兵庫 (4)
滋賀 (1)
九州 (3)
北アルプス (10)
南アルプス (4)
岩 (30)
氷 (4)
ダイビング (4)
パラオ (1)
瀬戸内海 (3)
神社仏閣 (8)
旅 (23)
花 (4)
城 (12)
グルメ (7)
スキー (2)
未分類 (5)
ヨーロッパ (1)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。